建築施工管理

業種: 建築・建設・土木

職種: 建築・土木技術者 - 施工管理

大阪 (大阪市淀川区), 日本 ⻄中島南方駅, 十三駅 330,000 - 580,000
    正社員
キープリストへ保存
キープリストから削除

求人企業について

■会社概要
建物のプロフェッショナルとして、食品工場、オーダーメイドの倉庫、マンション建設を主軸にあらゆる設計・施工に対応しています。

■会社情報
・設立 1947年05月01日
・資本金 1億円
・従業員数 100~1,000名

仕事内容

■仕事内容
食品工場・倉庫・マンションなどの建築施工管理をお任せします。
案件は全て元請、月残業22時間と労働環境も本気で良好です。

【魅力】
100年企業となるために「つくるひとをつくる」を経営理念に掲げ、社員とその家族を何よりも大事にす る仲間が集う会社。売上などの規模拡大ではなく社員一人の利益(付加価値)を重視する「ひと本位主義」 数多ある建設会社の中で顧客に選ばれるために自社ブランドを展開(食品工場/FACTAS・オーダーメイド倉 庫/RiSOKO・ルネス工法マンション/SI200)、専門的見地から顧客の真のニーズを捉えた提案をしています。

働きがいのある会社ランキングにて7年連続ベストカンパニーに選出されました!

応募要件

■必須要件
5年以上の建築施工管理経験

福利厚生・待遇・その他

■給与・待遇
・賞与実績:年2回+決算賞与(基本給の1.5〜2ヶ月分/年)
※業績による ※想定年収には想定される残業代も含んで記載いたします。

通勤手当:実費精算 上限5万円(月)
残業手当:残業時間に応じて別途支給

・評価制度について
毎月1回、上司との面談で前月振り返り、今月目標設定を行います。
半年ごとにポイントを確定し、1年間で獲得したポイントに応じ、諮問会にて昇級昇格を決定。同一グレード同一賃金制。 ※グレードにより評価軸は変化します。

【退職金】


【社会保険】
健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険 

【寮・社宅】


【その他制度】
・指定賃貸住宅割引制度
・社内懇親会補助制度
・独身寮
・社員寮
・社員旅行
・レクリエーション支援
・保養所

【制度・設備】
・在宅勤務(全従業員利用可)
・リモートワーク可(全従業員利用可)
・副業OK(全従業員利用可)
・時短制度(一部従業員利用可)
・自転車通勤可(全従業員利用可)
・服装自由(一部従業員利用可)
・出産・育児支援制度(全従業員利用可)
・資格取得支援制度(全従業員利用可)
・研修支援制度(全従業員利用可)
・託児所あり(一部従業員利用可)
・従業員専用駐車場あり(一部従業員利用可)

「全ての社員が仕事と子育てを両立しつつ能力を十分に発揮できる職場環境づくりを目指しています」
・妊娠・出産・育児のための休暇・休業制度
出産休暇:産前6週間/産後8週間
母性健康管理のための休暇:通院休暇の申出があったとき 育児時間:生後1歳未満の乳児を育てる女性が請求した場合、休憩時間の他1日2回、各30分の育児時間とする 介護休業:常時介護を要する家族(法の定めるものに限る)を有する場合、3ヶ月限度
・企業主導型保育園 りんごぐみ(https://www.sgc-web.co.jp/vision/ringogumi.php)
・そのほか特別休暇(有給休暇とは別に休日取得しやすくするために特別休暇を設けています) 慰労休暇、罹災休暇、交通遮断休暇、転勤休暇、アニバーサリー休暇、傷病休暇、忌引休暇、生理休暇 他

【つくるひとをつくる企業の教育制度】
・社内大学制度「SANWAアカデミー」
三和建設は、社員の成⻑と共に会社の成⻑があります。 メンバーの成⻑を伴わない、優れたビジネスモデルや一部のリーダーの力のみによる成⻑を望むことはありませ ん。全員成⻑・全員活躍の理念のもと意欲のある人の成⻑を後押しする社内大学が「SANWAアカデミー」です。 「SANWAアカデミー」には「専門技術力」と「統合力」を高めるための様々なテーマの講座がございます。 専門技術力とは一人でできる能力、統合力とは他者と一緒になってあるいは周りの力を借りて事を成す能力。 社会人としてスタートした当初は専門技術力を優先して磨く。そしてその後に統合力を伸ばしていく。それが三和建設のメンバーに求められる成⻑曲線のイメージです。この学びの機会を積極的にご活用いただくことを期待しています。

■休日・休暇
年間110日
(内訳)
土曜 日曜 祝日 その他(※第3・5土曜日は出勤日)
有給休暇:入社直後10日

・システムによる振休、有休などの休暇申請(前日まで申請可能)。
・有休を半日ごとに使用できる制度あり。]

・有給取得率40~50% ※直近1年間
※現在、産休・育休取得対象者がいません。